内科での糖尿病治療

お肉生活習慣病の代表として糖尿病があります。人間の体内ではインスリンが分泌されており、これによって血液中のブドウ糖を減らことが出来るのです。しかし、糖尿病になってしまうとインスリンの分泌量が低下したり、分泌されなくなったりしてしまいます。そして、糖尿病には1型と2型があり、1型は何らかの原因でインスリンが分泌されなくなった状態で、2型はインスリンの分泌量が低下している状態です。日本の糖尿病患者の9割が2型とされており、バランスの悪い食生活が糖尿病の原因となっています

糖尿病の改善には食事療法が欠かせませんので、内科では食事の指導を行っています。摂取カロリーを制限して3食しっかりと食べることが大切です。しかし、満腹まで食べることは危険ですので、腹八分目にとどめておきましょう。

そして、適度な運動も糖尿病に効果的です。しかし、いきなりハードなスポーツをやってしまうと身体を壊してしまうので止めましょう。最初はウォーキングをおすすめします。無理のないスピードで1日30分程度のウォーキングから始めてください。さらに、エスカレーターではなく階段を使う、ひと駅手前で降りて歩く、などの工夫をしても良いでしょう。

高血圧と高脂血症

現代人の多くは生活習慣病の可能性を持っています。そして、生活習慣病はサイレントキラーとも呼ばれており、自覚症状の無いまま病気が進行してしまうのです。これだけ恐ろしい生活習慣病ですが、高血圧もその病気の一種です。それでは、内科ではどういった診療を行っているのでしょうか。

薬高血圧とは血圧が高い状態が続くことで、高血圧が続くと血液の圧力で血管がダメージを受けてしまいます。そして、血管が硬くなって動脈硬化の原因となってしまうのです。さらに、動脈硬化は心筋梗塞や狭心症、脳卒中、腎臓病などの原因となります。高血圧の原因は塩分の多い食事、喫煙、飲酒などですので、内科ではそういった相談を受け付けているのです。生活習慣を正すことで高血圧は改善されますので、医師の指示にしたがってください。また、高血圧の薬を処方されることもありますので、正しく服用しましょう。

そして、生活習慣病のひとつに高脂血症もあります。人間の血液中には悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあり、善玉コレステロールが低下した状態を高脂血症と呼びます。高脂血症は心筋梗塞や脳卒中リスクを高めるため、非常に危険な状態と言えるでしょう。内科の指示にしたがって食生活の改善を行ってください。

生活習慣病は内科へ

先生近年の日本では生活習慣病が問題視されています。生活習慣病とはその名前が示すとおり、悪い生活習慣によって引き起こされる病気です。もちろん、遺伝的な要素も関係していますが、それ以上に生活習慣が関係している病気です。具体的に悪い生活習慣とはバランスの悪い食事、運動不足、ストレス、飲酒、喫煙などで、こういった生活習慣が続くことで生活習慣病になってしまいます。しかし、一度習慣になってしまったことは改善することが困難です。そのため、生活習慣病はやっかいな病気と言えるでしょう。

それでは、生活習慣病によってどういった病気を招くのでしょうか。特に多いのは糖尿病、高血圧、高脂血症などでしょう。これらは命にも関わる病気ですので、生活習慣病を改善することは現代人のテーマと言えます。

生活習慣病になる原因はさまざまですが、特に食生活に注意しましょう。危険な食生活は、濃いめの味付け、脂っぽいメニュー、ファストフードやコンビニ弁当、就寝前の飲食、朝食を抜く、早食いなどです。現代人の多くはこれらに該当しているのではないでしょうか。仕事に追われるビジネスマンなどは食事がルーズになってしまい、ストレスも溜まりがちです。さらに運動不足になることも多いので、生活習慣病リスクが高いと言えるでしょう。

そのため、生活習慣病が疑われたら内科に相談をしてください。こちらでは高血圧、高脂血症、糖尿病の内科での診療について解説いたします。