現代人の多くは生活習慣病の可能性を持っています。そして、生活習慣病はサイレントキラーとも呼ばれており、自覚症状の無いまま病気が進行してしまうのです。これだけ恐ろしい生活習慣病ですが、高血圧もその病気の一種です。それでは、内科ではどういった診療を行っているのでしょうか。

薬高血圧とは血圧が高い状態が続くことで、高血圧が続くと血液の圧力で血管がダメージを受けてしまいます。そして、血管が硬くなって動脈硬化の原因となってしまうのです。さらに、動脈硬化は心筋梗塞や狭心症、脳卒中、腎臓病などの原因となります。高血圧の原因は塩分の多い食事、喫煙、飲酒などですので、内科ではそういった相談を受け付けているのです。生活習慣を正すことで高血圧は改善されますので、医師の指示にしたがってください。また、高血圧の薬を処方されることもありますので、正しく服用しましょう。

そして、生活習慣病のひとつに高脂血症もあります。人間の血液中には悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあり、善玉コレステロールが低下した状態を高脂血症と呼びます。高脂血症は心筋梗塞や脳卒中リスクを高めるため、非常に危険な状態と言えるでしょう。内科の指示にしたがって食生活の改善を行ってください。