先生近年の日本では生活習慣病が問題視されています。生活習慣病とはその名前が示すとおり、悪い生活習慣によって引き起こされる病気です。もちろん、遺伝的な要素も関係していますが、それ以上に生活習慣が関係している病気です。具体的に悪い生活習慣とはバランスの悪い食事、運動不足、ストレス、飲酒、喫煙などで、こういった生活習慣が続くことで生活習慣病になってしまいます。しかし、一度習慣になってしまったことは改善することが困難です。そのため、生活習慣病はやっかいな病気と言えるでしょう。

それでは、生活習慣病によってどういった病気を招くのでしょうか。特に多いのは糖尿病、高血圧、高脂血症などでしょう。これらは命にも関わる病気ですので、生活習慣病を改善することは現代人のテーマと言えます。

生活習慣病になる原因はさまざまですが、特に食生活に注意しましょう。危険な食生活は、濃いめの味付け、脂っぽいメニュー、ファストフードやコンビニ弁当、就寝前の飲食、朝食を抜く、早食いなどです。現代人の多くはこれらに該当しているのではないでしょうか。仕事に追われるビジネスマンなどは食事がルーズになってしまい、ストレスも溜まりがちです。さらに運動不足になることも多いので、生活習慣病リスクが高いと言えるでしょう。

そのため、生活習慣病が疑われたら内科に相談をしてください。こちらでは高血圧、高脂血症、糖尿病の内科での診療について解説いたします。